マンガの最後のコマでは、かぐや姫が月から多くのウサギを連れてくると言ったオチになっていますが、現実問題として少子高齢化や人口減少を背景に、わが国ではあらゆる分野で深刻な人手不足に見舞われており、外国人労働者の存在が貴重な戦力としてクローズアップされています。日本では既に、昨年10月末時点で約128万人もの外国人が働いており、さまざまな現場で多くの外国人を目にします。
今回の臨時国会でも、外国人労働者の受け入れを単純労働にも拡大するための新たな在留資格制度の検討が焦点となりました。
 外国人の受け入れ拡大を議論する上で、忘れてはならないキーワードが「共生」です。公明党の山口代表は「労働力の確保で受け入れを拡大するならば、外国人の人権への配慮や、これまでの社会との共生をどう確立するかなど幅広く議論することが大切だ。日本国民、国際社会に理解を得られる議論が望ましい」と強調しています。
 私も以前、工場長をしていた時に、ガーナ出身の青年を受け持っていました。言葉もカタコトですし、文化や習慣も当然違います。日本人なら通じるニュアンスも全く理解されません。仕事と関係のないところで予想以上に手間がかかりました。排除をすれば簡単なのですが、彼にも家族がいて生活があり、何とか一人で仕事ができるところまでかかわった経験があります。
 当然、国会議員の方たちはそういった現場のことは知らないのでしょうが、野党の批判は「移民なのか」そうでないのかといった議論ばかりで、肝心の「共生」についての議論が少なかったと感じられました。